ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 想いを支えに 聴き書き、岩手県九戸郡野田

  • 想いを支えに 聴き書き、岩手県九戸郡野田

想いを支えに 聴き書き、岩手県九戸郡野田

  • シリーズ名
    東日本大震災からの復興   1
  • ISBN
    978-4-907192-09-9
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 岩手県九戸郡野田村の住民による東日本大震災の経験を「聴き書き」した記録。この未曽有の経験とはどのようなものであったのか、以前の村の暮らしはどのように営まれていたのか、人々は未来をどのように思い描くのか。年代も性別も異なる19人の村民の語りが、聴き取り者とのやりとりを含めてまとめられている。
目次
「皆さまのあたたかいお気持ちに支えられて」
「三日三晩、スタンドで給油作業」
「商工会青年部長としての思い」
「ボランティアの受け入れ窓口として暗中模索の日々」
「子供たちの元気が大人に力を与えてくれる」
「最悪の状況の中、役場職員としてベストを尽くす」
「負けたくねえ」
「何もかも流されて」
「妹を家で介護した日々」
「一歩踏み出す勇気がなかった」
「お父さんが無事か気が気ではなかった」
「ボランティアの力はお金には代えられない」
「津波から逃げて高台から見ると、自分の家がなくなっていた」
「自分たちの本当の生活をとり戻す」
「仮設住宅から家の改築に通う日々」
「五〇年かけて集めた道具を全部流した」
「作物を作るだけではない農業の力」
「震災を乗り越えて、前へ」
「とにかく逃げること」(久慈一雄さん)

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 想いを支えに 聴き書き、岩手県九戸郡野田
  • 想いを支えに 聴き書き、岩手県九戸郡野田

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中