ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達科学の最前線

  • 発達科学の最前線

発達科学の最前線

  • 板倉昭二/編著 板倉 昭二
    京都大学大学院理学研究科博士課程修了、京都大学理学博士。現在、京都大学大学院文学研究科教授

  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-623-07053-4
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年、発達科学はその方法の進展や他分野との融合により大きく様変わりしており、それは発達の概念をも変えるほどの勢いである。本書ではそのホットな領域で活躍する研究者たちが、新しい手法を用いて得られた最新の知見を紹介。他者理解や自己制御、母子関係など、実に多面的な視点から“乳幼児の発達”のありように迫る。
目次
序章 発達科学の現在
第1章 発達と進化からみる物の世界
第2章 乳児期における他者理解―知覚と行為の関係性から
第3章 乳幼児における社会的学習
第4章 質問のやりとりというコミュニケーション
第5章 乳幼児期の自己制御と実行機能
第6章 成人による乳児の身体と心への注目―乳幼児との相互作用を支えるものとは
第7章 子どもの社会性の発達と障害―自閉症スペクトラム障害とウィリアムス症候群
第8章 発達科学はいつから発達科学なのか―発達科学のこれまでとこれから

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 発達科学の最前線
  • 発達科学の最前線

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中