ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高等教育における視学委員制度の研究 認証評価制度のルーツを探る

  • 高等教育における視学委員制度の研究 認証評価制度のルーツを探る

高等教育における視学委員制度の研究 認証評価制度のルーツを探る

  • 林透/著 林 透
    石川県金沢市生まれ。京都大学文学部国語学国文学専攻卒業、京都大学大学院文学研究科国語学国文学専攻修士課程修了、桜美林大学大学院国際学研究科大学アドミニストレーション専攻修士課程(通信教育課程)修了、名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育科学専攻(高等教育マネジメント分野)博士後期課程単位取得満期退学。北陸先端科学技術大学院大学大学院教育イニシアティブセンター副センター長・特任准教授を経て、山口大学大学教育機構大学教育センター准教授、博士(教育、名古屋大学)

  • ISBN
    978-4-7989-1216-5
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2004年の認証評価制度導入から早10年。一体、認証評価制度導入以前の時代、大学設置認可後の質はどのように保証されていたのだろうか。日本の高等教育は、戦後一貫して、欧米からの影響が圧倒的で、わが国独自の制度はその陰に隠れ、顧みられることがなかった。しかし、あるシステムの移入・定着には、その国特有の歴史的構造・文脈との融合が不可欠である。本書は、わが国の高等教育視学委員制度に焦点を当てた、初の本格的研究である。戦前・戦後100年近く、高等教育質保証システムに一定の役割を果たしてきたこの制度は、今、高等教育関係者の見逃せぬ検討課題として立ち現れてきたのだ。
目次
序章 問題の所在と研究の枠組み
第1章 戦前における視学委員制度
第2章 戦後における視学委員制度の展開
第3章 アクレディテーションと視学委員制度―大学基準協会での議論を中心に
第4章 視学委員制度の運用―1991年~2004年を中心に
第5章 視学委員制度から認証評価制度へ
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高等教育における視学委員制度の研究 認証評価制度のルーツを探る
  • 高等教育における視学委員制度の研究 認証評価制度のルーツを探る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中