ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チェーホフのこと

  • チェーホフのこと

ポイント倍率

チェーホフのこと

  • ボリース・ザイツェフ/著 近藤昌夫/訳 ザイツェフ,ボリース(Зайцев,Борис Константинович)
    1881~1972。オリョールの没落貴族の家に生まれる。サンクト・ペテルブルク鉱山大学、モスクワ大学法学部に入学するがいずれも中退。チェーホフ、コロレンコに才能を認められ、作家の道を歩みはじめる。初期は、平明な言葉で風景画のように自然を描き、その後「ズナーニエ(知識)」派と活動をともにし、しだいに神秘主義的傾向を強め「自然主義と象徴主義が融合した」、独特の作風を確立。1921年作家同盟のモスクワ支部長に選出されたザイツェフは、飢饉の救済活動に参加し逮捕される。即時に釈放されたが、翌1922年に亡命。ヨーロッパ各地を転々としたのち、パリに定住

    近藤 昌夫
    東京外国語大学大学院修了。専攻、ロシア文学。現在、関西大学外国語学部教授

  • シリーズ名
    チェーホフ・コレクション
  • ページ数
    301p
  • ISBN
    978-4-89642-434-8
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、評伝ではあっても、チェーホフ本人も気づいていなかった、秘匿された宗教性を掘り起こそうとする。資料の収集と分析は手堅く、ドキュメントとしても十分な内容を含んでいる。
目次
ときのかなた
トゥルバー(水路広場)
医師チェーホフ
成長、最初の栄光
旅の途中で
サハリン島
休息
メリホヴォの最初の一年
リーカ、『かもめ』
メリホヴォふたたび
モスクワ芸術座
ヤルタ
恋について。クニッペル
『僧正』
最後の旅
補遺とコメント

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Чехов
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • チェーホフのこと
  • チェーホフのこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中