ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジア遊学 171 中国古典文学と挿画文化

  • アジア遊学 171 中国古典文学と挿画文化

アジア遊学 171 中国古典文学と挿画文化

  • 巻の書名
    中国古典文学と挿画文化
  • 巻の著者名
    瀧本弘之/編 大塚秀高/編
  • ISBN
    978-4-585-22637-6
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中国文学史上、木版刊行物における挿絵の印刷文化が質・量ともに頂点に達したのは明末清初である。各地の書肆は競って挿絵本を刊行し、著名画家と名刻工(彫師)の共作も生まれた。こうした書籍はわが国にも多数招来され、江戸文学・美術・工藝の多方面に大きな影響を及ぼした。当時の人々がどのように書籍に対峙したかを想起するとき、図像を無視することはできない。文学と美術の交差点である挿絵に注目し、その研究のもたらす可能性を探る。
目次
小説刊本における版本挿絵の拡がり(周日校刊『三国志演義』の挿図について
『全相平話』のビジュアルワールド―「上」からみる作品の素顔
江戸の『絵本三国志』は明の『三国志演義』呉観明本・周日校本をどう受容したか―人物描写からみるその実相
『封神演義』におけるイメージの図像化について
孫悟空の図像イメージ―小説本文と絵姿と)
戯曲本挿絵の世界(弘治本『西廂記』の挿絵について
明代戯曲刊本の挿絵について
明刊本『西廂記』―挿絵本の華麗なる発展)
版本挿絵の発展と伝播・拡散(『中国小説絵模本』に見る中国小説の挿絵
勧戒図説の図について
『三国志演義』の年画―楽しみを反芻するために
明清版本は日本においてどう和様化されたのか―日中韓の比較からみる十七世紀の諸相
“意匠”の宝庫―明清挿絵本と工藝品―清朝(琉球)漆藝、陶磁器の作例初探)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アジア遊学 171 中国古典文学と挿画文化
  • アジア遊学 171 中国古典文学と挿画文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中