ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

  • ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

  • 富士川義之/著 富士川 義之
    1938年、岡山市生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。國學院大学講師、都立大学助教授、東京大学教授、駒沢大学教授を歴任。イギリス文学専攻

  • ページ数
    446p
  • ISBN
    978-4-403-21106-5
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『リルケ』『江戸後期の詩人たち』『菅茶山』などの名著で知られる文人学者・富士川英郎の一生。時代とともに描き出される、游、英郎、義之と続く学者三代の系譜。
目次
プロローグ 華やぎのある孤独
回想のなかの大正時代
詩的人間の誕生
リルケの方へ
昭和十年代
リルケ・ブームのなかで
昭和三十年代
『伊沢蘭軒』をめぐって
江戸後期の詩人たち
菅茶山の方へ
富士川游のこと
『儒者の随筆』
『茶前酒後』
『失われたファウナ』
父とわたし
晩年の父の記

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎
  • ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中