ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レイルウェイ運命の旅路

  • レイルウェイ運命の旅路

レイルウェイ運命の旅路

  • エリック・ローマクス/〔著〕 喜多迅鷹/訳 喜多映介/訳 ローマクス,エリック(Lomax,Eric)
    1919年スコットランド生まれ。第二次世界大戦時、英国軍将校としてシンガポールに駐在。42年、日本軍によりシンガポールが陥落すると、捕虜となって泰緬鉄道建設工事に従事。その際激しい拷問に遭う。戦後帰国し、激しい外傷後ストレス障害(PTSD)に悩む。89年に偶然目にした新聞記事から、拷問の際、自分を苦しめた日本軍の通訳を捜し当て、93年、泰緬鉄道の地で再会し和解する。自らの経験をまとめ95年『The Railway Man』として出版。同年「エスクワイア」誌ノンフィクション賞受賞。2012年没

    喜多 迅鷹
    1926年生まれ。東京大学法学部卒。教員生活20年後、画業、文筆業に転向

    喜多 映介
    1970年生まれ。東京大学文学部卒、山形大学医学部卒。精神科医

  • シリーズ名
    角川文庫 ロ12-1
  • ページ数
    380p
  • ISBN
    978-4-04-101284-0
  • 発売日
    2014年03月

720 (税込:778

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第二次世界大戦のマレー半島。イギリス人のエリックは日本軍の捕虜となり鉄道建設に従事させられ激しい拷問にあう。30年後、エリックは自分を蹂躙した元日本兵が生きていることを新聞記事で知る――。(「近刊情報」より)
目次
鉄道との出会い
陸軍通信隊将校へ
シンガポール陥落
捕虜となって
泰緬鉄道建設工事
拷問
軍法会議
アウトラム刑務所
日本の敗北―開かれた地獄の門
帰還と拷問の傷痕
復讐の再燃
再会、そして和解

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:THE RAILWAY MAN
対象年齢 一般

商品のおすすめ

第二次世界大戦下、英国軍中尉のエリック・ローマクスは日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ劣悪な鉄道建設現場に送られた。激しい拷問に遭いながらも生き延びるが、帰国後、戦時の記憶に苦しみ続ける。そして40年以上が過ぎたある日、日本軍の憎き通訳が存命と知り、復讐心が抑えきれなくなる―。英国人将校と日本人通訳の奇跡の実話を描く同名映画原作。1995年「エスクワイア」誌ノンフィクション賞受賞作。

ページの先頭へ

閉じる

  • レイルウェイ運命の旅路
  • レイルウェイ運命の旅路

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中