ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シリーズ現代の生態学 2

  • シリーズ現代の生態学 2

シリーズ現代の生態学 2

  • 日本生態学会/編 原 登志彦
    1983年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。現在、北海道大学低温科学研究所・教授、理学博士。専門は植物生態学

  • 巻の書名
    地球環境変動の生態学
  • 巻の著者名
    原登志彦/担当編集委員
  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-320-05741-8
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,地球環境変動の過去・現在・未来について,地域スケールから全球スケールにおけるプロセスとメカニズムを,生態学的な視点から解説した本である。地球環境変動を理解するためには,広い視野で総合的に研究を展開することが望まれる。そのため,本書では地球環境変動に関わる生物・物理・化学・地学の基礎と最新の話題を扱い,さらには人文社会科学的側面にも触れる。地球環境変動について学びたい者や今後研究を発展させていこうとする者の指針となる一冊である。
    地球環境変動と陸域生態系 羽島知洋著 加藤知道著. 陸域生態系研究における現地観測 加藤知道著 鈴木力英著. リモートセンシングによってわかる陸上植生 鈴木力英著. 異なる気候に成立する森林の動態と自然撹乱 西村尚之著 板谷明美著. 地域スケールにおける大気と森林生態系の相互作用研究 戸田求著. 土壌における炭素動態とモデリング 横沢正幸著 櫻井玄著. 植生と気候の相互作用と,動的全球植生モデル 佐藤永著. 土壌における炭素循環と気候変動 伊勢武史著. 花粉分析による植生変動の復元 高原光著. 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による気候変動の復元 中塚武著. 陸域生態系の温室効果ガス収支 稲冨素子著 伊藤昭彦著. 森林破壊と地球環境変化 伊藤昭彦著
目次
第1章 地球環境変動と陸域生態系(加藤知道・羽島知洋)

第2章 陸域生態系研究における現地観測(鈴木力英・加藤知道)

第3章 リモートセンシングによってわかる陸上植生(鈴木力英)

第4章 異なる気候に成立する森林の動態と自然撹乱(西村尚之・板谷明美)

第5章 地域スケールにおける大気と森林生態系との相互作用研究(戸田 求)

第6章 土壌における炭素動態とモデリング(横沢正幸・櫻井 玄)

第7章 植生と気候との相互作用と,動的全球植生モデル(佐藤 永)

第8章 土壌における炭素循環と気候変動(伊勢武史)

第9章 花粉分析による植生変動の復元(高原 光)

第10章 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による気候変動の復元(中塚 武)

第11章 陸域生態系の温室効果ガス収支(稲冨素子・伊藤昭彦)

第12章 森林破壊と地球環境変化(伊藤昭彦)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • シリーズ現代の生態学 2
  • シリーズ現代の生態学 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中