ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ケンブリッジ帰りの文士吉田健一

  • ケンブリッジ帰りの文士吉田健一

ケンブリッジ帰りの文士吉田健一

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-10-335331-7
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自分の態度を明らかにすること、それが批評である――と、その人は言った。

    明治期以来、わが国の文化の底流をなしてきた「文明開化」という名の悲喜劇を徹底した形で一身に背負い、「自分」であることを得るための孤高の文学修業を通じて、独自の意識・思考・記憶のリズムを豊かにはらんだ「言葉」を探り当てた一人の文士。その比類のない精神の「時間」を多角的に追体験する、批評によるオマージュ。
目次
1 ケンブリッジ帰りの文士
2 乞食王子のエクリチュール
3 シェイクスピアの大衆文学時評
4 時間と化した物語作者

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

自分の態度を明らかにすること、それが批評である――と、その人は言った。明治期以来、わが国の文化の底流をなしてきた「文明開化」という名の悲喜劇を徹底した形で一身に背負い、「自分」であることを得るための孤高の文学修業を通じて、独自の意識・思考・記憶のリズムを豊かにはらんだ「言葉」を探り当てた一人の文士。その比類のない精神の「時間」を多角的に追体験する、批評によるオマージュ。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ケンブリッジ帰りの文士吉田健一
  • ケンブリッジ帰りの文士吉田健一

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中