ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 夜に誘うもの

  • 夜に誘うもの

夜に誘うもの

  • 日野裕太郎/著 日野 裕太郎
    東京都出身。メーカーなどに勤務のかたわら、漫画家として活動。その後、文芸同人誌や電子書籍にて小説の執筆、発表をする

  • シリーズ名
    徳間文庫 ひ28-1
  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-19-893823-9
  • 発売日
    2014年04月

580 (税込:626

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ひとはなぜ闇に魅せられるのだろう―官能的で幻想的な五つの物語。奇妙な祭で出会った少女に導かれ…(「からすばのゆうずつ」)。黄泉の世界の住人が見える和樹は…(「雨隠しの美し雫」)。吸血鬼に襲われた雪は、理性が崩壊するような快感を味わい…(「夜に誘うもの」)。山奥の聖域で男たちは少女に…(「遊戯にはぜる淡い桃肌」)。達生に近づくため、篤志に身を任せた藍子だったが…(「あたしの欲しいもの」)。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

あちらの世界は甘くて残酷――官能的で幻想的な5つの物語。不思議な祭で出会った少女に導かれ…(「からすばのゆうずつ」)。黄泉の世界の住人の声が聞こえる和樹は…(「雨隠しの美し雫」)。吸血鬼に襲われた雪は、理性が壊滅するほどの快感を知り…(「夜に誘うもの」)。山奥の聖域で、大人たちは少女に…(「遊戯にはぜる淡い桃肌」)。愛する男に、あたしの手は届かない(「あたしの欲しいもの」)。夢かうつつか、妖しの者との恋物語。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 夜に誘うもの
  • 夜に誘うもの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中