ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 分かりやすい「所得税法」の授業 弁護士が教える

  • 分かりやすい「所得税法」の授業 弁護士が教える

ポイント倍率

分かりやすい「所得税法」の授業 弁護士が教える

  • 木山泰嗣/著 木山 泰嗣
    1974年神奈川県横浜市生まれ。弁護士。上智大学法学部法律学科卒。鳥飼総合法律事務所に所属し、税務訴訟及び税務に関する法律問題を専門にする。青山学院大学法科大学院客員教授(租税法1・租税法演習)。著書に、『税務訴訟の法律実務』(弘文堂、第34回日税研究賞「奨励賞」受賞)など

  • シリーズ名
    光文社新書 684
  • ISBN
    978-4-334-03787-1
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 税金を分かりやすく解説することで定評のある著者が、私たちが日常使う日本語をつかって、これ以上ないほど明快に説明する。(「近刊情報」より)
目次
1時限 所得税の基本
2時限 「所得」とは何か(所得概念)
3時限 「所得」はだれに帰属するのか(所得の人的帰属)
4時限 「所得」でも非課税になるものがある?(非課税所得)
5時限 「所得」にも種類がある(所得分類)
6時限 いつの「収入」が、いつの「所得」になるのか(権利確定主義)
7時限 控除されるもの(所得金額・所得税額の計算)
8時限 3つの制度
9時限 救済法

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

●泥棒が盗んだ現金も「所得」になる!?  ●宝くじと競馬の当選金は、どっちに税金がかかる? ●歯医者さんが自分の子どもの歯の治療をしたとき、税金はどうなる? ●通勤手当は、いくらまでなら課税されない? ●社員旅行の「香港2泊3日」はセーフで、「ハワイ5泊6日」はアウト!?  ●組合が得た利益は、だれに帰属する? ●一度税金をとられても、とり返す方法がある!? ――所得税の世界は複雑だけど、面白い!

ページの先頭へ

閉じる

  • 分かりやすい「所得税法」の授業 弁護士が教える
  • 分かりやすい「所得税法」の授業 弁護士が教える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中