ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 俳諧つれづれの記 芭蕉・蕪村・一茶

  • 俳諧つれづれの記 芭蕉・蕪村・一茶

俳諧つれづれの記 芭蕉・蕪村・一茶

  • 大野順一/著 大野 順一
    1930年、東京に生まれる。1957年、明治大学大学院文学研究科修了。専攻は日本文芸思想史。文学部助手、講師、助教授を経て、1971年、教授。文学科長、日本文学専攻主任(学部、大学院)など歴任。2001年、明治大学文学部教授の職を退く。著書に『詩と死と実存―日本文芸思想史研究』(角川書店、第5回茗水クラブ学術奨励賞)など

  • ISBN
    978-4-8460-1294-6
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近世に生きた三つの詩的個性の心の軌跡を、歴史の流れのなかに追究した異色のエッセイ。近世俳諧史の前・中・後の三期を代表する芭蕉・蕪村・一茶をつらねて、それぞれの個性の所在をさぐりながら、合わせて近世という時代の思想史的な変遷を跡づけた。
目次
1の記 旅人芭蕉(終りなきはじまり―天命としての旅
旅が栖か、栖が旅か―奥の細道をゆく
造化に帰る―風と芭蕉と
枯野に死す―「翠」という本掛)
2の記 画人蕪村(芭蕉への回帰―俳諧の趣味化
虚と実―生を写すということ
定住と旅―近世的な、あまりに近世的な
教養と創造―俳体詩の試み)
3の記 俗人一茶(俗の純粋化―人生と芸術とあいだ
凡愚と妙好人―俗のなかの白蓮華
歓びと悲しみと―『おらが春』のゆくえ
聖なる俗―慰めとしてのつぶやき)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 俳諧つれづれの記 芭蕉・蕪村・一茶
  • 俳諧つれづれの記 芭蕉・蕪村・一茶

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中