ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 親のこころ 3

  • 親のこころ 3

親のこころ 3

  • 木村耕一/編著 木村 耕一
    昭和34年、富山県生まれ。富山大学人文学部中退。エッセイスト

  • ISBN
    978-4-925253-77-2
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 72人の体験談と吉川英治のエピソード。
目次
第1部 お母さん、お父さん、ごめんね(体験談編)(お母さん、あの時はごめんね。バナナだヨ
無事着いたよ、という連絡をもらうまでは、母ちゃん、安心できないのだから ほか)
第2部 吉川英治「わが母」「わが父」への思い(「僕は、非常に、ゆたかな、両親の愛に育まれて来た」 吉川英治の小説は、なぜ、心を引き付けるのか
『宮本武蔵』が伝える、親のこころ 小説に引用された『父母恩重経』 ほか)
第3部 お釈迦さまが説かれた「親のこころ」(父母恩重経)(父母の恩の重きこと、天の極まりなきが如し)
第4部 百万回、言っても足りない「ありがとう」(体験談編)(母から届くエンピツの便り「仕事は慣れたか…」
剛健な母を二度と泣かせまいと、少年の心に思った ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

お母さん、お父さん、ごめんね。そしてありがとう。72人の体験談と吉川英治のエピソードで、懐かしくて温かい親の心をつづる。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 親のこころ 3
  • 親のこころ 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中