ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 若き命の墓標 20世紀を生きた若者からの伝言

  • 若き命の墓標 20世紀を生きた若者からの伝言

若き命の墓標 20世紀を生きた若者からの伝言

  • 西條敏美/著 西條 敏美
    1950年徳島県生まれ。関西大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修士課程修了。徳島県の公立高校に35年勤めて、2011年3月定年退職

  • ページ数
    222,22p
  • ISBN
    978-4-7634-0688-0
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 事故で亡くなった人、不治の病気で亡くなった人、自ら若き命を断った人、戦死した人…心に響く命のメッセージ。若くして散った25人の生き方と思い。
目次
日下部太郎(一八四五~一八七〇)異国の地で
右田アサ(一八七一~一八九八)私の眼球を研究に使って
寺田夏子(一八八三~一九〇二)「団栗」の悲哀
藤村操(一八八六~一九〇三)人生不可解
斎藤コハル(一八九四~一九一六)高齢の異人に愛されて
知里幸恵(一九〇三~一九二二)私はアイヌだ、どこまでもアイヌだ
宮沢トシ(一八九八~一九二二)あめゆじゆとてちてけんじゃ
細井和喜蔵(一八九七~一九二五)石に噛りついても、女工哀史
金子ふみ子(一九〇四~一九二六)何が私をこうさせたか
山田延男(一八九六~一九二七)放射線研究で日本最初の犠牲者に〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 若き命の墓標 20世紀を生きた若者からの伝言
  • 若き命の墓標 20世紀を生きた若者からの伝言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中