ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レティシア・カーベリーの事件簿

  • レティシア・カーベリーの事件簿

レティシア・カーベリーの事件簿

  • M・R・ラインハート/著 熊木信太郎/訳 ラインハート,メアリ・ロバーツ(Rinehart,M.R.)
    1876‐1958。アメリカ、ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。ピッツバーグ看護婦養成所卒業後、1896年に医師と結婚。1903年に株式市場不況の影響で生活が苦しくなり、家計を助けようと短編小説を書きはじめる。迫りくる恐怖を読者に予感させるサスペンスの技法には定評があり、“HIBK(もしも知ってさえいたら)”派の創始者とも称せられた。晩年まで創作意欲は衰えず、The Swimming Pool(52)はベストセラーとなり、短編集The Frightened Wife(53)でアメリカ探偵作家クラブ特別賞を受賞

    熊木 信太郎
    北海道大学経済学部卒業。都市銀行、出版社勤務を経て、現在は翻訳者。出版業にも従事している

  • シリーズ名
    論創海外ミステリ 114
  • ISBN
    978-4-8460-1292-2
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 淑女探偵レティシア・カーベリーが遭遇する、ちょっと怖くてちょっと愉快な事件。「HIBK(もしも知ってさえいたら)」派の創始者とも称されるラインハート女史のユーモア短編集。
    内容:シャンデリアに吊された遺体 . ペンザンス湖の三人の海賊 . 恐怖の一夜

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The Amazing Adventures of Letitia Carberry
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • レティシア・カーベリーの事件簿
  • レティシア・カーベリーの事件簿

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中