ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プライマリ・ケア医のための心房細動入門

  • プライマリ・ケア医のための心房細動入門

ポイント倍率

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

  • 小田倉弘典/著 小田倉 弘典
    医療法人土橋内科医院(仙台市)院長。1987年東北大学医学部卒業。仙台市立病院循環器科、国立循環器病センター、仙台市立病院循環器科医長を経て、2004年より現職。豪ニューキャッスル大学臨床疫学修士

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-8222-6147-4
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 心房細動診療を「リスクマネージメント」としてとらえ、抗凝固療法の意思決定や進め方を豊富なエビデンスと共に解説した入門書。患者数が急増し、治療方針も大きく変化した心房細動の診断・治療を、症例や最新のエビデンスを交えてわかりやすく解説します。

    指導医と研修医の会話形式で、心房細動診療の素朴な疑問に答えます。日本循環器学会の心房細動治療(薬物)ガイドライン最新版にも対応しています。

目次
第1章 総論(心房細動とは―心房細動という病気の特殊性
心房細動の診断―無症候性心房細動を拾い上げるには
心房細動診療のリスクマネジメントモデル)
第2章 脳梗塞を予防する(脳梗塞のリスクを評価しよう
抗凝固療法のリスク/ベネフィットを共有しよう
抗凝固療法の意思決定をしよう
抗凝固療法のリスクをコントロールしよう)
第3章 心房細動を管理する(発作時の対応―初発心房細動で抗不整脈薬を投与すべき患者とは
リズムコントロールとレートコントロール
カテーテルアブレーション)
第4章 高齢者の心房細動を考える(高齢者の心房細動診療―心房細動診療の究極の目標とは)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • プライマリ・ケア医のための心房細動入門
  • プライマリ・ケア医のための心房細動入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中