ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 安部公房メディアの越境者

  • 安部公房メディアの越境者

安部公房メディアの越境者

  • 鳥羽耕史/編 鳥羽 耕史
    早稲田大学文学学術院教授。専攻=日本近代文学、戦後文化運動

  • シリーズ名
    メディアとパフォーマンスの20世紀 2
  • ページ数
    410p
  • ISBN
    978-4-86405-055-5
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 安部公房は、小説や戯曲だけでなく、映画、ラジオ、テレビ、写真など、同時代に発展した多様なメディアと積極的に関わり、ジャンルを自在に越境しながら、自らのモチーフを表現しつづけた。文字・映像・音声・身体表現を巧みに駆使した安部の実験的な活動をさぐる。
目次
1 総論(メディアの越境者としての安部公房
“社会理論”としての安部公房)
2 戯曲・スペクタクル・パフォーマンス(幽霊と珍獣のスペクタクル―安部公房の一九五〇年代
死者との同化からマルクス的幽霊へ―『制服』から『幽霊はここにいる』への更新
安部演劇の可能性と限界―『未必の故意』の劇構造を中心に
『未必の故意』序説―感情移入と共同体イデオロギーを否定する演劇
俳優座から安部公房スタジオへ―新たな演劇の模索と挑戦
アヴァンギャルディストの顔―安部公房スタジオの日々)
3 映像と他メディアへの越境(“砂”の闘争、“砂”の記録―あるいは安部公房における“アメリカ的なるもの”について
電子メディア時代における異化―一九六〇年前後の安部公房のテレビ脚本・SFから『砂の女』へ
ラジオドラマ『耳』『棒になった男』『赤い繭』―安部公房の不気味な笑い
実在と非実在の間の空間における探求―安部公房と写真の役割
メディア実験と他者の声―安部公房『チャンピオン』と『時の崖』
安部公房と日本万国博覧会―勅使河原宏との協働最終章)
エッセイ・劇評(「快速船」の演出について
共同幻想を裁く眼―俳優座『未必の故意』)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 安部公房メディアの越境者
  • 安部公房メディアの越境者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中