ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本農民政策史論 開拓・移民・教育訓練

  • 日本農民政策史論 開拓・移民・教育訓練

日本農民政策史論 開拓・移民・教育訓練

  • 伊藤淳史/著 伊藤 淳史
    京都大学大学院農学研究科助教。1973年福岡県生まれ。1996年3月京都大学農学部農林経済学科卒業。2004年3月京都大学大学院農学研究科博士後期課程研究指導認定退学。4月日本学術振興会特別研究員。2005年4月京都大学大学院農学研究科助手(2007年4月より助教)。2012年1月京都大学博士(農学)取得。専攻、近現代日本農業史

  • ISBN
    978-4-87698-383-4
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 土地や物や金(農地・食糧・金融等)についての農業政策史研究は数多い。しかし、政策のもとに耕作するのは農民であり、その視点から見たとき、実は国家や政策は一元的、固定的なものではない。政策の立案者のみならず、受容者にも焦点を当て、近現代日本農政の系譜、その光と影を鮮やかに描き出す。
目次
序章 「農民政策」から日本農政を捉え直す
第1章 戦時体制下農民の意識と行動
第2章 加藤完治の営農指導―戦後開拓における入植者意識
第3章 農業労務者派米事業の成立過程―戦後農政における那須皓
第4章 農民道場の戦後―農業者研修教育施設の史的展開
第5章 農村青年対策としての青年隊組織―食糧増産隊・産業開発青年隊・青年海外協力隊
第6章 農業政策としての戦後移民政策―日系ブラジル移民の史的脈絡
終章 戦時・戦後農民政策の展開と石黒農政の戦後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本農民政策史論 開拓・移民・教育訓練
  • 日本農民政策史論 開拓・移民・教育訓練

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中