ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鎮魂 石川啄木の生と詩想

  • 鎮魂 石川啄木の生と詩想

鎮魂 石川啄木の生と詩想

  • 遊座昭吾/〔著〕 遊座 昭吾
    昭和2(1927)年、盛岡市玉山区渋民字渋民に生まれる。昭和26年、法政大学文学部日本文学科卒業。岩手日報記者、岩手県立福岡高等学校、岩手県立盛岡第一高等学校、岩手県立一戸高等学校、岩手県立盛岡第二高等学校各教諭、盛岡大学教授、国際啄木学会会長を歴任。現・国際啄木学会名誉会員。『啄木秀歌』で岩手日報文学賞(啄木賞)受賞(昭和63年7月)。地域文化功労者(芸術文化)として文部大臣表彰(平成12年11月)。第62回岩手日報文化賞受賞(平成21年11月)

  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-89806-409-2
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 石川啄木研究の第一人者である著者は、啄木がその生涯で多くの時を過ごした岩手県・宝徳寺に生まれた。運命にたぐりよせられるかのように著者が記した、啄木の生と詩に迫る。珠玉の啄木論集。
目次
1 講演―啄木・魂の像(啄木のまなざし
世界が観る啄木・賢治
詩人の魂)
2 論考―創作の起源としての生と死(論集 十代の自画像―啄木詩想の原点
『悲しき玩具』の“故郷”―思郷歌を中心にして
文学者とその時代の系譜―ディズレーリ、咢堂、啄木
小説「天鵞絨」考
「一握の砂」の系譜)
3 資料1―啄木を巡って・湯川秀樹と尾崎咢堂(物理学者湯川さんと啄木―歌、詩、生きざまを愛す
湯川秀樹のことば
『歌人・咢堂 家族そして友を詠う』に寄せて
尾崎咢堂のことば)
4 資料2―架空対談(歴史の街角で夢はるか「石川啄木‐金田一京助」)
5 資料3―対談 山折哲雄×三枝昂之(啄木没後百年―東北の詩魂と反問)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 鎮魂 石川啄木の生と詩想
  • 鎮魂 石川啄木の生と詩想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中