ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン

  • ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン

ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン

  • 小塚昌彦/著 小塚 昌彦
    1929年、東京生まれ。タイプデザインディレクター。1947年、毎日新聞社に入社。金属活字の鋳造、ベントン彫刻機用の原図制作など、活字書体の開発に携わる。1970年以降は毎日新聞CTSデジタルフォントの開発を担当し、1984年に定年退職。翌1985年、モリサワのタイプデザインディレクターに就任し、リュウミンや新ゴなど主要書体の開発に携わる。1992年、アドビシステムズの日本語タイポグラフィディレクターに就任。小塚明朝・小塚ゴシックを制作した。1979~97年、愛知県立芸術大学非常勤講師。2007年、佐藤敬之輔賞を受賞

  • ISBN
    978-4-7661-2562-7
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 毎日新聞書体、新ゴ、小塚明朝、小塚ゴシックのタイプデザインディレクターが語る、文字づくりのすべて。
目次
序章 旅立ち―書体デザインとの出会い
第1章 毎日新聞で活字をつくる
第2章 毎日新聞の書体をつくる
第3章 タイポグラフィの理論を学ぶ
第4章 「新ゴ」の誕生
第5章 小塚明朝とゴシックの思想
終章 書体デザインの未来へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン
  • ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中