ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジアの人びとの自然観をたどる

  • アジアの人びとの自然観をたどる

アジアの人びとの自然観をたどる

  • 木部暢子/編 小松和彦/編 佐藤洋一郎/編 木部 暢子
    1955年生まれ。国立国語研究所教授。専門は日本語方言学

    小松 和彦
    1947年生まれ。国際日本文化研究センター所長。専門は文化人類学、民俗学

    佐藤 洋一郎
    1952年生まれ。京都産業大学教授・総合地球環境学研究所名誉教授。専門は植物遺伝学

  • ISBN
    978-4-585-22065-7
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民俗学、言語学、環境学の視座から自然と文化の重層的関係を解明する。
目次
第1編 アジアにおける自然観の系譜(擬人化という装置―能に現れる草木霊を中心に
生き物供養から見る自然観の諸相
鎮守の森―森の世界に生きる、人とカミ)
第2編 言語からみる自然観(昔がたりにみる自然と文化―鳥の声の聞きなしと方言
庄川流域における自然物主体敬語―方言分布から見る地域の思考・心情・生業
自然条件とことばの変化―甑島方言を例に
紅花と河北町方言
上海語の復興―言語文化の「雑多性」を考える)
第3編 東アジア海をめぐる人と自然(東アジア海の文化と歴史―地域を越えた普遍性と固有性
フィールドとしての中国)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • アジアの人びとの自然観をたどる
  • アジアの人びとの自然観をたどる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中