ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代教育制度改革への提言 日本教育制度学会20周年記念出版 上

  • 現代教育制度改革への提言 日本教育制度学会20周年記念出版 上

現代教育制度改革への提言 日本教育制度学会20周年記念出版 上

  • ISBN
    978-4-7989-1199-1
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グローバル化を背景とした様々な社会的亀裂・矛盾―今日の教育制度の最重要課題は、これら社会的問題群を視野に、現代に対応しうる人間形成に向け、最適の制度を設計・構築することだ。創立後20年の研究と体験を踏まえて、教育制度の歴史と現状の総括の下、学会の総力を挙げてこの課題に取り組んだ本書は、今日ベストの改革提言であり、まず上巻では、教育制度の原理に始まり、初期教育から後期中等教育まで考察・展望をすすめる。
目次
序章 教育制度学のすゝめ(「創立20周年」の記念出版構想の変転
教育制度学のすゝめ
現代の「教育制度学のすゝめ」に底流する「教育を受ける権利」)
第1章 教育制度の諸原理(教育制度における教育権論の課題と展望
教育の機会均等理念の課題―6・3・3制 再考の意義を中心に)
第2章 初期教育制度(子どもの権利保障から見た初期教育制度の課題
幼児教育義務化論
初期教育制度と保育・教育自治論)
第3章 義務教育制度(義務教育諸学校の評価制度構築上の課題
義務教育段階における学校間連携・接続の課題と展望
周辺的成果からみた学校運営協議会の意義と課題)
第4章 後期中等教育制度(「最若年移行困難層」への支援制度の拡充
高校教育改革の展望
適切なる「学習評価」と「グローバル人材育成」としての「学力向上」
改革への見解と提言)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代教育制度改革への提言 日本教育制度学会20周年記念出版 上
  • 現代教育制度改革への提言 日本教育制度学会20周年記念出版 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中