ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇

レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇

  • ポール・ヴァレリー/著 恒川邦夫/訳 今井勉/訳 ヴァレリー,ポール(Val´ery,Paul)
    1871‐1945。地中海沿岸の漁港セット生まれのフランスの詩人・思想家。父親はコルシカ人、母親は名家の血を引くイタリア人。パリに出て、陸軍省の文書官の職に就くが、結婚(29歳)を機に辞めて、通信社の重役の個人秘書の仕事で生計を立てるようになる。詩人のマラルメを敬愛し、アメリカ人の鬼才ポーや世紀末の天才詩人ランボーの創作に衝撃を受けて、20代の半ば頃から独自の思索に耽りはじめる。今日『カイエ』の名前で知られる膨大なノートの集積が、生涯にわたって続けられたその知的営為の果実である。若書きの数篇の詩と散文(「レオナルド・ダ・ヴィンチ方法序説」「テスト氏との一夜」「方法的制覇」)を発表したあと、筆を折って、1917年(46歳)までおよそ20年間沈黙した

    恒川 邦夫
    1943年生まれ。東京大学大学院仏文科博士課程中退。パリ大学文学博士。一橋大学大学院言語社会研究科教授を経て、現在中国の華中師範大学外国語学院仏語科招聘教授。専門はポール・ヴァレリーおよび仏語圏文学

    今井 勉
    1962年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。現在、東北大学大学院文学研究科教授。専門はフランス文学

  • ISBN
    978-4-582-28504-8
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最新の草稿研究にもとづく新訳に詳細な訳注と解説。ルネサンスの「卓越した精神」に瞠目したヴァレリーの思索が、数度の加筆を経て、独自の芸術論・思想論として深化していく様を明らかにした決定版。批評精神の終わりなき旅。
目次
1部(レオナルド・ダ・ヴィンチ方法序説
解説 「レオナルド・ダ・ヴィンチ方法序説」の生成)
2部(注記と余談
解説 一九一九年のヴァレリー)
3部(レオナルドと哲学者たち
解説 ヴァレリーと“哲学”―カント読解を中心に)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中