ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 慵斎叢話

  • 慵斎叢話

慵斎叢話

  • 成俔/著 梅山秀幸/訳 成 俔()
    1439~1504年。李朝初期を代表する名臣・学者。五代にわたる王のもとに仕えて顕官を歴任し、国家の編纂事業に関わるとともに、多くの詩文を遺した。朝鮮の音楽を集大成した『楽学規範』の編纂者としても著名である。妓生など芸能者とともに音楽を学ぶ一面があり、その視線は儒者官僚ばかりではなく、社会の各層、市井の人びとの生活にまで及んでいた

    梅山 秀幸
    1950年生まれ。京都大学大学院博士後期課程修了。桃山学院大学国際教養学部教授。専攻:日本文学

  • ISBN
    978-4-86182-460-9
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 李朝の宮廷人や民衆が語っていた、噂話・伝説・怪奇譚の集大成。韓流・歴史ドラマの原典、待望の初訳。
目次
第1巻 わが国の学芸と風俗
第2巻 礼文を支える人びと
第3巻 高麗から朝鮮へ
第4巻 わが朝は多士済々
第5巻 禍福門なし
第6巻 さまざまな人びと 妓生 僧侶
第7巻 及第した文人王の下で
第8巻 わが成氏につながる人びと
第9巻 時を得る、時を得ない
第10巻 朝鮮社会の内と外 日本と女真など

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 慵斎叢話
  • 慵斎叢話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中