ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三国干渉以後 増補新版

  • 三国干渉以後 増補新版

三国干渉以後 増補新版

  • 満川亀太郎/著 長谷川雄一/編・解説 満川 亀太郎
    1888年大阪に生まれる。早稲田大学中退。『民声新聞』、『海国日報』、『大日本』の編集を経て、1918年老社会を結成。さらに翌19年8月猶存社を設立して国家改造運動の実践に乗り出す。猶存社解散後は行地社設立に参加。27年に一新社を設立、さらに30年9月には興亜学塾を創設する。33年4月拓殖大学教授。36年5月12日歿

    長谷川 雄一
    1948年宮城県仙台市に生まれる。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、東北福祉大学総合マネジメント学部教授。日本外交史、国際関係論専攻

  • ISBN
    978-4-8460-1285-4
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,850

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 時代の激流に翻弄される帝国日本を凝視し続けた著者の開かれた精神の航跡と、思想を超えた人間交流の記録!貴重な「新発見史料」4篇を付した増補新版。
目次
三国干渉以後(前篇(明治二十八年‐明治三十八年、一八九五年‐一九〇五年)
中篇(明治三十九年‐大正二年、一九〇六年‐一九一三年)
後篇(大正三年‐大正八年、一九一四年‐一九一九年)
現篇(大正九年‐昭和十年、一九二〇年‐一九三五年)
外篇―五十故人の片影)
革命時代之到来
何故に『過激派』を敵とする乎
鴻雁録第一
興亜学塾要覽

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 増補新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 三国干渉以後 増補新版
  • 三国干渉以後 増補新版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中