ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おばけのケーキ屋さん

  • おばけのケーキ屋さん

おばけのケーキ屋さん

  • SAKAE/絵・文 SAKAE
    北海道出身。イラストレーター。著作には「こえほんクリスマス絵本コンテスト」入賞作の絵本アプリ「まいごのクリスマス」などがある

  • ISBN
    978-4-89637-447-6
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • おばけのケーキ屋さんは、自作の世界一美味しいケーキを食べさせてみんなビックリさせるのが大好き。

    そんなおばけの元に、小さな女の子がやってきます。
    ちょっと不機嫌そうな女の子に、早速ケーキを振る舞うと…。

    「おいしいけど、パパのつくるケーキと同じくらいかな」

    不思議なことに、女の子はビックリしません。
    これは負けてられないとおばけは女の子にこう言います。

    「これから月にいちどケーキを食べにおいでよ」

    おばけと女の子をつなぐ、優しいケーキのお話です。

    イラスト投稿サイトPixivで発表され
    多くのユーザーを感動させた傑作絵本、待望の書籍化!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 小学12年生一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

表紙を見た時、とても可愛らしかったのと、ケーキ屋さんのお話なら、美味しそうで楽しいかな?と、思い、読んでみました。(息子や、小学校の読み聞かせに、適しているか知りたくて、読みました。)最初は、おばけとしては変わり者のケーキ屋さんが、自分のケーキに驚かない女の子に、「このケーキ、世界一美味しい!!」と、言わせたくて、奮闘する姿が、可愛らしく滑稽で、楽しいお話と思ったのですが、女の子と過ごす時間の長さに伴い、お化けと女の子の中に見え隠れする、お互いを思いやる気持ち・優しさを、文章の中に感じ取ることができて、自分も優しい気持ちになることが出来ました。ケーキ屋さんに女の子が最後に訪れた日、自分が大人になり結婚すること。遠い街へ行くことを報告する場面は、自分が結婚式前日に、両親に感謝を述べた時を思い出させてくれました。報告を聞いたお化けは、彼女のために、二人の思い出を沢山込めた、ウェディングケーキを作り、自分が朝日にあたって消えてしまうのを覚悟して、結婚式会場へ運びます。朝、式場に残されたケーキを見て、すぐに誰のケーキか分かった女の子。何故、ケーキを食べて驚かなかったのか、その理由を語ります。理由を知って、思わず涙が出てきてしまいました。ただ、この女の子は、お化け本人は忘れていても、大好きなお父さんと、長い月日を過ごすことができたので、幸せだったんだろうと思います。思い出を沢山、増やすことが出来たのですから・・・。現実は、会いたくても亡くなった方には会えないものです。だから、このお話を読み聞かせるときは、それらを踏まえ、読んであげたいと思います。一緒にいられる時の大切さ・幸せさを改めて感じさせられる、大人から子供まで、考えさせられることが沢山詰まった、素敵な絵本だと思います。(子ガメままさん 30代・愛知県名古屋市 男の子7歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おばけのケーキ屋さん
  • おばけのケーキ屋さん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中