ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白洲正子 ひたすら確かなものが見たい

  • 白洲正子 ひたすら確かなものが見たい

白洲正子 ひたすら確かなものが見たい

  • 挾本佳代/著 挾本 佳代
    1964年生まれ。東京都出身。専門は社会学。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業後、新潮社に勤務。法政大学大学院社会科学研究科社会学専攻後期博士課程修了。社会学博士(法政大学)。現在、成蹊大学経済学部教授

  • ページ数
    234p
  • ISBN
    978-4-582-83636-3
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 多くの作品を通して問いかけた古からの日本人の精神性の軸には一体何があり、何が彼女のその問いかけを可能にさせたのか。どのような位置に立って日本を見つめ、いかなる心性や精神性を問うていたのか。白洲正子の心の軌跡を追う初の評伝。
目次
第1章 能というこころ(生まれながらにしてもつ信仰と能
「ひとりごと」と「ふるごと」 ほか)
第2章 ものを見る確かな眼(目利きとは
型と個性と美意識 ほか)
第3章 白洲正子が選んだ道(『かくれ里』と和辻哲郎『風土』
「ざまぁ見ろ」という心意気 ほか)
第4章 日本人の心性、精神性を問う(魂と形
十一面観音巡礼 ほか)
第5章 人間の営みと自然(文人、白洲正子
「明恵上人樹上座禅像」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 白洲正子 ひたすら確かなものが見たい
  • 白洲正子 ひたすら確かなものが見たい

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中