ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本

  • みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本

ポイント倍率

みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本

  • 大日向雅美/著 大日向 雅美
    1950年生まれ。恵泉女学園大学教授。お茶の水女子大学卒業、同大学院修士課程修了、東京都立大学大学院博士課程満期退学。学術博士。専門は発達心理学。NPO法人あい・ぽーとステーション代表理事。社会や地域の子育て支援活動のほか、厚生労働省:社会保障審議会委員、内閣府:子ども子育て会議委員なども務める

  • シリーズ名
    静山社文庫 お5-1
  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-86389-225-5
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

680 (税込:734

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子育てがこんなにつらいなんて…。孤独な育児に苦しむ母親の声を集め、その根底にある社会の問題を世に問いかけて大きな話題となった『子育てと出会うとき』(1999年刊行)をもとに、新たに編み直して文庫化。子育てのつらさを誰にも言えないママたちに贈る、大日向先生からのメッセージ。
目次
第1章 子育てがむなしいと感じるとき―小さな子をもつ母親たちの言動に隠された心の声
第2章 それぞれに孤独な父親と母親たち―「男は仕事、女は家事育児」な夫、ときには愚痴を聴いてほしい妻
第3章 子育ては本当に至福の喜びなの?―母性幻想に振り回され、がんばる今のママたち
第4章 大切なのは親として、夫婦として向き合うこと―子どもを心から愛するために、親として学ぶ姿勢が大切
第5章 これから親となる若い世代へのメッセージ―性別を超えた子育ての時代に…
巻末付録 母性神話の歴史を考える

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本
  • みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中