ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳が活性化する音楽トランポリン療法 遷延性意識障害者の甦生リハビリ

  • 脳が活性化する音楽トランポリン療法 遷延性意識障害者の甦生リハビリ

ポイント倍率

脳が活性化する音楽トランポリン療法 遷延性意識障害者の甦生リハビリ

  • 後藤幸生/著 後藤 幸生
    1934年1月30日生まれ。福井医科大学(現・福井大学)名誉教授、医学博士。1958年京都府立医科大学卒業後、同大学外科副手、麻酔科助手、1966年名古屋市立大学医学部麻酔学講座助教授、同大学病院集中治療部副部長兼任、米国Albert Einstein大学客員助教授、1982年より福井医科大学麻酔蘇生学講座教授、同大学病院集中治療部部長兼任を経て、1999年3月定年退官。その後、愛知医科大学客員教授を2013年3月まで務め、現在、2つの医科大学と2つの医学専門学校の非常勤講師を務める

  • ISBN
    978-4-89659-010-4
  • 発売日
    2013年10月

2,100 (税込:2,268

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
音楽トランポリン療法とは―その意義と実際
第1章 交通事故で意識障害となった小学6年生の例
第2章 自転車事故で脳損傷を負った20代女性の例
第3章 脳動脈瘤、脳出血などで遷延性意識障害となった中年男性の例
第4章 本書の測定データを読み取るために
意識障害者のリハビリ支援法とは

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 脳が活性化する音楽トランポリン療法 遷延性意識障害者の甦生リハビリ
  • 脳が活性化する音楽トランポリン療法 遷延性意識障害者の甦生リハビリ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中