ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 緑の闇に拓く言葉(パロール) 江田浩司批評集

  • 緑の闇に拓く言葉(パロール) 江田浩司批評集

ポイント倍率

緑の闇に拓く言葉(パロール) 江田浩司批評集

  • 江田浩司/著 江田 浩司
    1959年岡山県生まれ。短歌結社「未来」編集委員。短歌誌「Es」同人。芭蕉会議世話人。2012年10月から、淑徳大学池袋サテライト・キャンパスにて「短歌入門講座」を開講

  • ISBN
    978-4-901221-72-6
  • 発売日
    2013年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かくて詩歌は拓かれる。ウエブ空間に解き放たれた批評の言葉が、現代の詩歌を鋭く見すえ、はるかな光源にかざし、切り拓く。6年間の連載の精髄をまとめた待望の批評集。
目次
第1章 対峙する短歌(斉藤斎藤作「今だから、宅間守」を読む。
斉藤斎藤の評論「生きるは人生と違う」を再読する。 ほか)
第2章 伝統、対話、風景(大辻隆弘著『岡井隆と初期未来―若き歌人たちの肖像』を読む。
大辻隆弘評論集『アララギの脊梁』を読む。 ほか)
第3章 抒情のアポリア(阿木津英第五歌集『巌のちから』を読む。
「あまだむ」一一月号を読む。 ほか)
第4章 短歌を拓く言葉(短歌を「読む」ということ。
東直子のエッセイ集『耳うらの星』を読む。 ほか)
第5章 現代詩との対話(藤原月彦の俳句と藤原龍一郎の短歌。
柴田千晶詩集『セラフィタ氏』を読む。 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 緑の闇に拓く言葉(パロール) 江田浩司批評集
  • 緑の闇に拓く言葉(パロール) 江田浩司批評集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中