ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか 大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える

  • 橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか 大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える

橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか 大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える

  • ISBN
    978-4-88416-224-5
  • 発売日
    2013年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,047

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この本は、大阪市の上水道・交通・病院の三事業が解体の危機に瀕している実態を告発しています。
    これに反対する住民の運動を紹介するとともに、三事業が住民の暮らしと経済におおきな役割を果たしていること、その解体がおおきなマイナスの影響をもたらすことなども明らかにしています。

目次
序章 大阪維新改革と公営企業の解体(「大阪維新改革」と府市統合
三事業の府市統合と地方公営企業の意義)
第1章 水道事業の民営化の現状と課題(日本・世界の水問題
水をめぐる対立と安全 ほか)
第2章 大阪における水道の広域化及び民間化について(大阪広域水道企業団とは
水道の府市統合の狙いと背景 ほか)
第3章 大阪市の地下鉄・バス民営化反対のたたかい(はじめに、5月市会で何が決まり、何が継続審議となったのか
橋下市長は、「地下鉄・市バスの民営化」をなぜ提案したか ほか)
第4章 大阪都構想に潜むいのちと健康のゆくえ 自治体病院の解体で府民の健康はどうなるか(公営企業のなかの自治体病院の特徴
大阪府下の自治体病院の状況 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか 大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える
  • 橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか 大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中