ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ピンクになっちゃった!

  • ピンクになっちゃった!

ピンクになっちゃった!

  • リン・リカーズ/作 マーガレット・チェンバレン/絵 明橋大二/訳 リカーズ,リン(Rickards,Lynne)
    1962年、カナダ生まれ。イギリス人の夫と結婚し、自分の子どものために物語を書き始めた。絵本『Pink!』は、2009年にRoyal Mail賞(for Scottish Children’s Books)、2010年にはHeart of Hawick Children’s Book賞の候補に選ばれた

    チェンバレン,マーガレット(Chamberlain,Margaret)
    イギリス育ち。子どもや動物の絵が得意で、遊び心のある魅力的な、イラストが人気

    明橋 大二
    昭和34年、大阪府生まれ。精神科医。真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長

  • ISBN
    978-4-925253-71-0
  • 発売日
    2013年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ペンギンの男の子、パトリックがあるあさ目ざめると、からだがピンクいろになっていました!ピンクのペンギンなんて、ともだちはどうおもうでしょう?パトリックはピンクいろのなかまをもとめて、いえをとびだしました。うみをわたりやってきたのは、フラミンゴのすむアフリカ―。でも、そこならうまくやっていけるのでしょうか?やがてパトリックは気づきます。からだのいろがちがっても、ともだちでいられることに。ほんとうのともだちはありのままのじぶんとなかよくしてくれることに。人とちがっていてもだいじょうぶ。そうおしえてくれる、こころあたたまるおはなしです。4歳~小学校低学年むき。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×27cm
原題 原タイトル:PINK!
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ある日突然ピンクになったペンギンの男の子、パトリックの物語。ペンギン仲間の中で一人ピンクでからかわれ、南極を脱出してフラミンゴのいるアフリカへ向かいます。でも、パトリックは一本足で寝れない。フラミンゴのように長いくちばしで食事もできない。どんどん、自分とフラミンゴは違うことに気づいていきます。5歳の娘が表紙の絵を気にいって持ってきた絵本でしたが、このストーリーに秘められたメッセージはとても深く、娘には全然???だったに違いありません。でも私は親としてしっかり受けとめました。パトリックはパトリックなんだから、パトリックのままでいいんだよ。そう認めてくれた家族、仲間たちの思い。このままでいいんだ。って認められることって、とっても素晴らしいことなんですね。私も同じ思いで、これからも二人のこどもたちをずっと見つめて生きていこうと思いました。(ムスカンさん 30代・東京都 男の子10歳、女の子5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ピンクになっちゃった!
  • ピンクになっちゃった!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中