ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 春戦争

  • 春戦争

春戦争

  • 陣崎草子/著 1977年大阪生まれ、東京在住。大阪教育大学芸術専攻美術科卒業。立体造形会社やデザイン会社に勤務後、23歳でイラストレーターとして独立。26歳で絵本作家をめざして上京。2007年、童画家武井武雄について調べていて穂村弘の短歌と出会い、衝撃を受けて作歌をはじめる。2008年よりダ・ヴィンチ誌の穂村弘連載「短歌ください」の絵を担当。同年、歌人集団「かばんの会」入会。2009年、小説『草の上で愛を』で第50回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。2013年、絵本『おむかえワニさん』(文溪堂)出版。絵、絵本、小説、短歌を手がけ、作品を発表しつづけている。

  • シリーズ名
    新鋭短歌 7
  • ISBN
    978-4-86385-125-2
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ひたむきな模索
    結論づけられない渾沌とした内面とそれをとりまく世界。
    東 直子

    自選短歌五首

    好きでしょ、蛇口。だって飛びでているとこが三つもあるし、光っているわ

    すっきりとした立ち姿を見てってよこれがあなたがたの生んだものです

    軽く罪にぎって風の中をゆく さほどでもなき人生をゆく

    つよい願いつよい願いを持っており群にまぎれて喉を光らす

    春の日はきみと白い靴下を干す つま先に海が透けてる
目次
ひざまずく時
したたる翠
グッドモーニング、それから
指を入れてはいけない
群にまぎれて
抜いた歯
春戦争
率直な庭
草木をわけて
月の海神

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 春戦争
  • 春戦争

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中