ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • コミュニケーション断念のすすめ

  • コミュニケーション断念のすすめ

コミュニケーション断念のすすめ

  • 信田さよ子/著 信田 さよ子
    臨床心理士、原宿カウンセリングセンター所長。1946年、岐阜県に生まれる。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。駒木野病院勤務、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長を経て、1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族のカウンセリングを行っている

  • ISBN
    978-4-7505-1329-4
  • 発売日
    2013年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,200 (税込:1,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生きづらさや息苦しさは、コミュニケーション不足ではなく「過剰」が原因だった。全く新しい視点からの普遍的コミュニケーション論。
目次
第1章 コミュニケーション過剰な日本(濃密な非言語コミュニケーション
必死の「笑い」 ほか)
第2章 「絆」の息苦しさ(絆と暴力
一体感のリスク ほか)
第3章 バッシングの正体(生活保護への憎悪
スケープゴートを必要としている社会 ほか)
第4章 コミュニケーションなき安全地帯(コンプレックスと優越意識
男のアキバ、女の新大久保 ほか)
第5章 「自分が否定されない世界」を確保しよう(刷り込みに苦しめられないために
息苦しさから逃げ出すために)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • コミュニケーション断念のすすめ
  • コミュニケーション断念のすすめ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中