ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 川路聖謨の佐渡赴任日記

  • 川路聖謨の佐渡赴任日記

川路聖謨の佐渡赴任日記

  • 鹿野島孝二/著 鹿野島 孝二
    1953年東京生まれ。1976年、成城大学文芸学部卒業後、トヨタ自動車販売店協会入社。現在、同会専務理事。北澤端史に師事し作句を始め、1992年同氏の下、句誌『季』創刊に関わる。日本の文化・風俗・歴史・神仏に造詣が深い

  • ページ数
    201p
  • ISBN
    978-4-7791-1918-7
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 51歳で勘定奉行に上り詰め、開国迫るロシア交渉でプチャーチンと互角の名交渉。潔い自決の終りに至った最後の幕臣の内面を綴る。
目次
とにかく出世を立身を
威風堂々お奉行様の旅立ち
トラブル続きの上州路
世界が変わる越後路に
お奉行日和、宜しく候
佐渡奉行の日常
お奉行様の観天望気
小氷河期の佐渡暮らし
お奉行様の食卓
大食い奉行の胃袋
倹約しつつ島内巡見
同じ島でも南北格差
佐渡を去る日が
時代は待ったなし

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 川路聖謨の佐渡赴任日記
  • 川路聖謨の佐渡赴任日記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中