ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 渡良瀬川 足尾鉱毒事件の記録 田中正造伝

  • 渡良瀬川 足尾鉱毒事件の記録 田中正造伝

渡良瀬川 足尾鉱毒事件の記録 田中正造伝

  • 大鹿卓/著 大鹿 卓
    1898年、愛知県海東郡津島町生まれ。三歳の時に一家で東京に移り住み、東京府立一中を経て、秋田鉱山専門学校卒業。その後、京都帝国大学経済学部を中退し、1922年に東京府立第八高女の化学教師になる(35年に退職)。1924年、兄の金子光晴らとともに雑誌「風景画」を創刊。「抒情詩」「日本詩人」などに詩を発表。26年、詩集『兵隊』を刊行。33年、太宰治らと同人誌「海豹」を発刊。37年、「探鉱日記」で芥川賞候補となる。39年、尾崎士郎らと「文芸日本」を創刊。1998年、株式会社レコフ入社。2008年、COO・経営企画委員会メンバーを経て、2010年代表取締役社長に就任

    宇井 純
    1932年、東京生まれ。東京大学工学部助手時代、水俣病、公害の調査を続けるかたわら、70年から85年まで東京大学で自主講座「公害原論」を主宰。86年より沖縄大学教授。2003年、同大学名誉教授。2006年没

  • ページ数
    349p
  • ISBN
    978-4-7877-1313-1
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 金子光晴の実弟・大鹿卓が、田中正造の生涯をよみがえらせた不朽の名作・復刊!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
版数 新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 渡良瀬川 足尾鉱毒事件の記録 田中正造伝
  • 渡良瀬川 足尾鉱毒事件の記録 田中正造伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中