ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

  • 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

  • 一坂太郎/著 一坂 太郎
    1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒業。萩博物館特別学芸員・山口福祉文化大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問

司馬遼太郎作品の虚実をたどることで、幕末~維新史がわかる

  • シリーズ名
    集英社新書 0705
  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-08-720705-7
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国民的作家として読み継がれている司馬遼太郎。そのあまりの偉大さゆえに、司馬が書いた小説を史実であるかのように受け取る人も少なくない。しかし、ある程度の史実を踏まえているとはいえ、小説には当然ながら大胆な虚構も含まれている。司馬の作品は、どこまでが史実であり、何が創作なのか?吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作が活躍する司馬遼太郎の名作をひもときながら、幕末・維新史の真相に迫る。
目次
第1章 吉田松陰と開国(『竜馬がゆく』と龍馬「愚童」説
象山塾入門を無視した司馬の意図 ほか)
第2章 晋作と龍馬の出会い(晋作、佐久間象山に会う
『世に棲む日日』に登場しないもう一人の師 ほか)
第3章 高杉晋作と奇兵隊(松陰改葬に秘められた政治目的
「三枚橋の中の橋を渡った」のは本当か ほか)
第4章 坂本龍馬と亀山社中(龍馬と横井小楠の会談
亀山社中創立時に龍馬はどこにいた? ほか)
第5章 描かれなかった終末(長州藩の戦意高揚作戦
英雄に甘かった司馬遼太郎 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像
  • 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中