ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 創学の碑 東京医科大学の夜明け高橋琢也の真

  • 創学の碑 東京医科大学の夜明け高橋琢也の真

ポイント倍率

創学の碑 東京医科大学の夜明け高橋琢也の真

  • 伊東洋/著 伊東 洋
    昭和8年生まれ。東京医科大学名誉教授。昭和33年東京医科大学卒業、平成6年同大学脳神経外科学教室主任教授、平成9年東京医科大学病院院長、平成12年東京医科大学学長、平成17年学校法人東京医科大学理事長を歴任する。現在、公益財団法人東京医科大学がん研究事業団理事長を務める。主な外部活動としては、平成10年全国医学部長病院長会議監事、平成12年日本私立医科大学協会研究体制検討委員会委員長、平成13年日本私立大学連盟理事、平成15年法政大学第三者評価委員会委員、平成17年日本私立医科大学協会理事、他多数がある

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-89514-405-6
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 学祖高橋の医学専門学校創設に注いだ情熱とその信念に迫る第2作。日記などの記録を克明に調べ、一途な真の精神と人間性を描き出す。
目次
第1章 暗夜にたどる建学への道―日本医専の混乱、そして東京医学講習所設立(発端は『吾輩は猫である』の甘木先生だった
私立日本医学専門学校の騒動の原因はどこにあったか ほか)
第2章 続く無援の中で―秋虎太郎の脱落、立教問題、傲慢さを増す学生たち(明治初年の医学塾といった雰囲気だった
じつは『奮闘之半年』を読みながら閉口した ほか)
第3章 愚直に進む、これが信念であった―新校舎完成、しかし徴兵忌避で二百数十名検挙(日本医専の磯部検三が訪ねてきた
第一回の絵画頒布会が行われたが ほか)
第4章 忘れかぬる口惜しき日なり―師弟の愛、ともに学ぶ、東医の礎はここにある(高橋は言う「今日以降はより厳しい立場になる」
妻の三回忌、ようやく一息ついたのか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 創学の碑 東京医科大学の夜明け高橋琢也の真
  • 創学の碑 東京医科大学の夜明け高橋琢也の真

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中