ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史

  • カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史

カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史

  • 中村隆之/著 中村 隆之
    1975年生。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程および東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。アンティーユ・ギュイヤンヌ大学およびフランス国立社会科学高等研究院での研究滞在を経て、現在、大東文化大学外国語学部専任講師。専攻はフランス語圏カリブ海文学・地域研究

  • ページ数
    438p
  • ISBN
    978-4-409-04105-5
  • 発売日
    2013年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2009年2月、カリブ海に浮かぶフランス領の島、グアドループ、マルティニックで史上最大規模のストライキが起こる。普段は観光客で賑わう南の島々でのこの出来事は、フランス本土に強い衝撃をもたらした。それは単に離島ゆえの物価高の是正を求める運動ではなかったからだ。本書はこの出来事のインパクトから出発し、大西洋をまたぐ奴隷制と植民地主義の血に染まった歴史をたどる。そこに描かれる無数の暴力と、同化/独立を願った民衆・知識人の苦闘は、世界史の新たな扉を開き、読む者を震わせるだろう。数百年におよぶ壮大なスケールと、政治社会から文学、音楽まで広範な領域をほとばしる筆致で描き出す、地域研究を越える圧倒的傑作。
目次
第1章 植民地と海外県、その断絶と連続
第2章 政治の同化、文化の異化
第3章 脱植民地化運動の時代
第4章 「成功した植民地支配」
第5章 見出された希望
終章 カリブ‐世界論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史
  • カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中