ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年

  • 農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年

農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年

  • 小山良太/編著 小松知未/編著 小山 良太
    1974年東京都生まれ。福島大学経済経営学類准教授。同大学うつくしまふくしま未来支援センター産業復興支援部門長。2002年、北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。2005年から福島大学。専門は農業経済学、協同組合学、地域経済学

    小松 知未
    1983年岩手県生まれ。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター産業復興支援部門農業復興支援担当特任助教。2009年、北海道大学大学院農学院博士後期課程修了。博士(農学)。2011年10月に福島大学へ赴任。専門は農業経営学、農業経済学

  • ISBN
    978-4-406-05692-2
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 再生へ懸命のが続く福島。農家に寄りそい、放射能汚染の現状分析と科学的知見をふまえた復興を提唱する若手研究者中心の労作。
目次
序章 原発事故から三年目の福島で
第1章 食と農の再生に向けた現状と課題―「風評」問題と検査体制
第2章 食と農の対策の国際比較―チェルノブイリとフクシマ
第3章 原発事故後の廃作と産地転換―葉たばこ廃作問題と地域の対応
第4章 農業再生に向けた放射能対策とその社会的応用―放射性物質分布マップ・試験栽培・全袋検査の統合
第5章 農産物直売所が受けた影響と地産地消―福島県県北地域の実態調査から
第6章 果樹経営の再建と産地再生―福島県の自主検査と消費者意識
第7章 協同組合間協同の実践現場から―全国からのボランティアとの歩み
第8章 産・官・学・協のネットワークの構築―フクシマからの発信

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年
  • 農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中