ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復

ポイント倍率

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • ISBN
    978-4-86394-024-6
  • 発売日
    2013年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『7つの習慣』は人生哲学の定番として、世界中の人々に、長きにわたって読み続けられ、親しまれてきました。
    今回スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に、『7つの習慣』が本来持つ「人格主義」に基づき、原書に忠実に訳し直しました。
    よりわかりやすく、理解しやすい完全訳として、豊かな人生を望むすべての人にお届けします。
    ビジネス環境や社会が複雑になり、先行き不透明な時代な今こそ、ビジネスや人生の進むべき方向を示すコンパスの有無が問われています。
    人格と原則に基づいた『7つの習慣』は、ビジネス書の枠を超えて人生のコンパスとなり、最も大切なことの継続的な実現を支援します。
    『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』は、かつて「7つの習慣」を習慣化できなかった方はもちろん、
    初めて読む方にとっても、砂に水が染み込むように心に染み入ることで着実に習慣化できます。
    人生のパラダイム転換を引き起こし、個人、家庭、ビジネスのすべてにおいて勝者となり、心の底から満足できる人生を送ることができるはずです。
目次
【主な内容】
パラダイムと原則
第1の習慣:主体的である(パーソナル・ビジョンの原則)
第2の習慣:終わりを想い描くことから始める
(パーソナル・リーダーシップの原則)
第3の習慣:最優先事項を優先する
(パーソナル・マネジメントの原則)
第4の習慣:Win―Winを考える
(人間関係におけるリーダーシップの原則)
第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
(共感によるコミュニケーションの原則)
第6の習慣:シナジーを創り出す(創造的協力の原則)
第7の習慣:刃を研ぐ(バランスのとれた再新再生の原則)

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

『7つの習慣』で説くように、自分の中に軸を確立し、常に 基本原則に基づいて行動するべきだ。
そして、二項対立に 陥らず、さまざまな智恵を融合し、イノべーションによって新 たな価値を創出することが、今こそあらゆるセクターに求められている。
一橋大学イノべーション研究センター教授 米倉誠一郎

「7つの習慣」を実践し、羅針盤が自分の中に存在する生活、原理原則に導かれた生活を味わおう。
行動を導く「心 の習慣」を若い時から身につけ始め、名リーダーになる頃には、それを基に自分の言葉で語る生き方、働き方の持論 をもつ人間になってほしい。
神戸大学社会科学系教育研究府長・経営学研究科教授(兼務) 金井壽宏

単純系から複雑系に、確実性から不確実性へと混迷の度を深める世の中を生き抜くには、不動の座標軸を持たねばならない。コヴィー博士が人類の叡智を結晶させた 本著を常に思考と行動の原点にしていただきたい。
千葉商科大学教授・政策情報学部長  宮崎 緑

『7つの習慣』を世界中の大人の必読書とし、すべての子どもたちの教科書にしたなら、輝かしい未来を手に入れるこ とができるだろう。
本書は、自分らしい幸せを獲得するため のアクションを引き出してくれる実用的な現代のリべラルアーツと言えるだろう。
明治大学大学院グローバルビジネス研究科教授 野田 稔

『7つの習慣』には、日本人が古より大切にしてきた和の精神とつながる、人類か?
共有すべき普遍的な思想がある。
本書を自己を映す鏡、自らを護る玉とし、日々剣を研ぐことで、人生の「三種の神器」を手にしていただきたい。
作家・慶應義塾大学講師 竹田恒泰

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中