ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 笑う警官 刑事マルティン・ベック

  • 笑う警官 刑事マルティン・ベック

笑う警官 刑事マルティン・ベック

  • マイ・シューヴァル/〔著〕 ペール・ヴァールー/〔著〕 柳沢由実子/訳 シューヴァル,マイ(Sj¨owall,Maj)
    1935年、ストックホルム生まれ。雑誌記者・編集者を経て65年から10年間ペール・ヴァールーと“マルティン・ベック”シリーズを10作書き上げる。現在ノルウェー語、デンマーク語、英語の翻訳者

    ヴァールー,ペール(Wahl¨o¨o,Per)
    1926年、スウェーデン南部西海岸ハランド県ツールー生まれ。新聞記者を経て作家生活に。62年執筆中の本の編集者マイ・シューヴァルと出会い、63年から共同生活。当時彼は結婚していたがその後離婚が成立。65年からマイと共同執筆でストックホルム警察本庁殺人捜査課主任捜査官マルティン・ベックを中心とする警察小説を10作書き上げた。マイとのあいだに男子が二人いる。75年、没

  • シリーズ名
    角川文庫 シ3-24
  • ページ数
    397p
  • ISBN
    978-4-04-101017-4
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

819 (税込:885

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 反米デモの夜、ストックホルムの市バスで八人が銃殺された。大量殺人事件。被害者の中には、右手に拳銃を握りしめた殺人捜査課の刑事が。警察本庁殺人捜査課主任捜査官マルティン・ベックは、後輩の死に衝撃を受けた。若き刑事はなぜバスに乗っていたのか?デスクに残された写真は何を意味するのか?唯一の生き証人は、謎の言葉を残し亡くなった。捜査官による被害者一人一人をめぐる、地道な聞き込み捜査が始まる―。アメリカ探偵作家クラブ賞受賞。警察小説の金字塔、待望の新訳!

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Den Skrattande Polisen
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 笑う警官 刑事マルティン・ベック
  • 笑う警官 刑事マルティン・ベック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中