ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 駆け落ちは子爵とともに

  • 駆け落ちは子爵とともに

駆け落ちは子爵とともに

  • テッサ・デア/著 五十嵐とも子/訳 デア,テッサ(Dare,Tessa)
    「ヒストリカル・ロマンスの新星」と評される、ニューヨークタイムズ紙やUSAトゥデイ紙のベストセラーリスト常連作家。2010年、Surrender of A SirenでRITA賞ファイナリストとなったのち、2012年、『きみはぼくの帰る場所(A Night to Surrender)』でRITA賞(リージェンシー・ヒストリカル部門)を受賞。そのほかロマンティック・タイムズ誌のレビュアーズ・チョイス賞など数々の賞を受賞している

  • シリーズ名
    ラベンダーブックス L-22-2
  • ページ数
    511p
  • ISBN
    978-4-344-42053-3
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

933 (税込:1,008

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 19世紀、英国。良家の令嬢ミネルヴァは地質学に夢中だ。ある日、洞窟で先史時代の貴重な化石を発見した彼女は、それをスコットランドで開かれる王立地質学会で発表しようと決意した。折しも、名うての放蕩者ペイン卿がミネルヴァの病弱な姉ダイアナに求婚するといううわさを耳にする。だが、堕落した遊び人と姉を結婚させるわけにはいかない。姉を救うため、また、学会への出席も果たすため、ミネルヴァはペイン卿に自分と駆け落ちしてほしいと持ちかける。目的を遂げたら、関係を解消するつもりで。ところが、ペイン卿は女性が横にいないと眠れないという。やむなくミネルヴァは添い寝するが、未知の快楽まで発見することに…。大胆な展開に胸躍るロマンス。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 16cm
原題 原タイトル:A WEEK TO BE WICKED
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 駆け落ちは子爵とともに
  • 駆け落ちは子爵とともに

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中