ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 映画人・菊池寛

  • 映画人・菊池寛

映画人・菊池寛

  • 志村三代子/著 志村 三代子
    1969年大阪市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、玉川大学・二松学舎大学・日本大学・明治学院大学・早稲田大学非常勤講師、早稲田大学演劇博物館招聘研究員、国際日本文化研究センター共同研究員。論文「映画人・菊池寛」により第7回河上肇賞本賞受賞

  • ページ数
    372p
  • ISBN
    978-4-89434-932-2
  • 発売日
    2013年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1920年代から48年の死に至るまで、文学作品の単なる映画化ではなく映画を軸に新聞・出版・広告を巻き込んだメディア・ミックスを仕掛け、文壇人のみならず「映画人」としてメディアに君臨した菊池寛とは何者だったのか。「映画」を通して、時代と最も鋭敏に切り結んだ菊池寛の実像を初めて描く。第7回「河上肇賞」本賞受賞作。
目次
序章 「文壇人」を超えて
第1章 女性観客と恋愛映画
第2章 恋愛映画のポリティクス―『第二の接吻』(一九二六年)
第3章 映画雑誌『映画時代』の創刊と「映画時代プロダクション」の設立
第4章 輻輳されるメディア―『東京行進曲』(一九二九年)
第5章 映画女優とスキャンダル―『美しき鷹』(一九三七年)
第6章 戦時期の菊池寛
第7章 想像された“昭和の軍神”―『西住戦車長伝』(一九四〇年)
第8章 「決戦下」の映画―『剣聖武蔵伝』(一九四四年)
第9章 映画のなかの天皇―『かくて神風は吹く』(一九四四年)
第10章 連続する映画―敗戦前後の大映作品を中心に
終章 映画人・菊池寛

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 映画人・菊池寛
  • 映画人・菊池寛

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中