ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心

  • 自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心

自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心

  • 三宅勝久/著 三宅 勝久
    1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米・アフリカの紛争地などを取材、『山陽新聞』記者を経て2002年からフリージャーナリスト。「債権回収屋G野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。2003年、同誌に連載した武富士批判記事をめぐって同社から1億1000万円の賠償を求める訴訟を起こされるが最高裁で武富士の完全敗訴が確定。不当訴訟による損害賠償を、同社と創業者の武井保雄氏から勝ち取る

  • ISBN
    978-4-7634-0670-5
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 災害復旧や周辺諸国との緊張で存在感を増す巨大組織。頻発する自殺、いじめ、パワハラ、腐敗。自衛隊員が直面する巨大組織の現実、終わりなき隠蔽体質が引き起こした理不尽な事件の数々。隊員たちの叫びと涙―渾身のルポ。
目次
プロローグ 護衛艦「たちかぜ」アンケート事件
第1章 濡れ衣(二五歳自衛官を自殺に追い詰めた警務隊の濡れ衣捜査
釧路駐屯地糧食班冤罪事件
1等空尉が告発する警務隊の無法捜査)
第2章 暴力(「命の雫」事件―徒手格闘という殺人訓練
護衛艦「しらゆき」の陰惨な日常)
第3章 隠蔽(取引業者から高級車を「プレゼント」された海自司令官
防衛省が捨てた「負傷兵」―クウェート米軍基地ひき逃げ事件)
第4章 破滅(一九歳自衛官タクシー運転手殺害事件)
エピローグ 加藤好美元1等陸尉インタビュー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心
  • 自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中