ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 私と彼女と家族ごっこ

  • 私と彼女と家族ごっこ

私と彼女と家族ごっこ

いびつだけど温かい、決して家族でありえない者たちの家族の話。

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 ゆ2-1
  • ページ数
    322p
  • ISBN
    978-4-04-891779-7
  • 発売日
    2013年06月

590 (税込:637

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ボロアパート「八十陰荘」。
     そこは《普通》の枠に収まらない変人が揃いに揃った魔窟であった。そこに、教え子と駆け落ちした小学校教諭の私と、私が愛するその教え子の二人が加わってさらに混迷を極めることになり――だがその時不思議な事が起こった。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

それは、いびつだけど温かい、決して家族でありえない者たちの家族の話。ボロアパート「八十陰荘」。そこは悪食大学教授をはじめ、肉体派和美人や元神童・現人間のクズ、やや色ボケの気のある女性にマッドサイエンティストと《普通》の枠に収まらない変人が揃いに揃った魔窟であった。この度そこに、教え子と駆け落ちした小学校教諭の私と、私が愛するその教え子の二人が加わってさらに混迷を極めることになり――だがその時、不思議な事が起こった。ある日を境に、住人たちは私と少女を自らの『肉親』であると認識し始めてしまったのだ。天涯孤独の私と、家族の愛に飢えていた少女は、その温かい《家族ごっこ》の関係に身を委ねかけるが……。

ページの先頭へ

閉じる

  • 私と彼女と家族ごっこ
  • 私と彼女と家族ごっこ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中