ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉本隆明はどうつくられたか

  • 吉本隆明はどうつくられたか

ポイント倍率

吉本隆明はどうつくられたか

  • 松崎之貞/著 松崎 之貞
    1947年、埼玉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。70年、徳間書店に入社。一貫して編集部門を歩き、92年より吉本隆明氏の担当編集者となる。2002年、ノンフィクション部門の編集局長を最後に退社。フリーとなり、書籍編集に携わる

  • シリーズ名
    徳間ポケット 019
  • ページ数
    283p
  • ISBN
    978-4-19-863635-7
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,028

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2012年3月にこの世を去った吉本隆明。大正、昭和、平成を生き抜いた戦後最大の思想家は、どのような生活環境に身を置き、育まれていったのか。担当編集者・口述構成者として吉本隆明の関連書籍に携わってきた著者が、彼の過ごした「思春期」「青年期」「壮年期」を膨大な文献から探る。若き日の米沢時代、敗戦の影響、吉本思想の一貫性―。偉大なる思想家の細やかな心的風景がくっきりと浮かび上がる異色の評伝。
目次
第1章 “誕生”の爪痕
第2章 “米沢時代”の心的風景
第3章 天皇の“像”
第4章 “敗戦”の風景
第5章 戦後の彷徨
第6章 “詩”から“批評”へ
第7章 安保と挫折
第8章 自立の思想

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉本隆明はどうつくられたか
  • 吉本隆明はどうつくられたか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中