ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ、理科を教えるのか 理科教育がわかる教科書

  • なぜ、理科を教えるのか 理科教育がわかる教科書

なぜ、理科を教えるのか 理科教育がわかる教科書

  • 角屋重樹/著 角屋 重樹
    昭和24年三重県生まれ。広島大学大学院教育学研究科教科教育学(理科教育)専攻博士課程単位取得退学。博士(教育学)。広島大学教育学部助手、宮崎大学教育学部助教授、文部省初等中等教育局教科調査官、広島大学教育学部教授、広島大学大学院教育学研究科教授、国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部部長を経て、日本体育大学児童スポーツ教育学部教授、広島大学名誉教授、国立教育政策研究所名誉所員、日本教科教育学会会長

  • シリーズ名
    BOOKS教育の泉 4
  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-7999-0032-1
  • 発売日
    2013年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

950 (税込:1,026

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現在、理科の学習内容と時数が増えたことで、授業をこなすことに注力してしまい、「何のために」、「何を」子どもに獲得させるのかという本質的な議論が希薄になっている傾向があるようです。理科は、本来、子どもが自然の事物や現象とかかわることによって、人間性を豊かにしていくことが目的でした。本書は、この本来の目的を実現するために、どのような指導をすればよいかを明らかにしています。教育基本法、学校教育法などの読み解き、自然科学と理科の違い、内容区分の考え方などといった、理科教育の成り立ちや仕組みの理解から始め、その上で、問題解決の授業、総合的な学習、言語活動ではどのように指導し、評価すればよいかについてまとめています。
目次
第1章 現在の日本の教育はどのような方向を目指しているのか
第2章 自然科学と理科は何が違うか
第3章 なぜ、理科の学習内容が領域別になっているのか
第4章 理科における問題解決の授業をどうつくるのか
第5章 学力をどのように評価するか
第6章 理科授業と言語
第7章 理科授業と算数
第8章 理科と総合的な学習の時間

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ、理科を教えるのか 理科教育がわかる教科書
  • なぜ、理科を教えるのか 理科教育がわかる教科書

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中