ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記

  • 竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記

竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記

  • ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ/著&監訳 都竹恵子/訳 カワシマ・ワトキンズ,ヨーコ(Kawashima Watkins,Yoko)
    1933(昭和8)年、青森で生まれる。生後六ヶ月で南満州鉄道(満鉄)に勤務する父に連れられ、家族で朝鮮北部の羅南(現在の北朝鮮・咸鏡北道清津市)に移住。1945(昭和20)年、敗戦の間際に母、姉とともに羅南を脱出、朝鮮半島を縦断する決死の体験を経て、日本へと引き揚げた。帰国後、京都市内の女学校に入学。働きながら学問に励み卒業すると、大学の夜間部で英文学を学ぶ。卒業後、米軍基地で通訳として勤務していたが、結婚し渡米。アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた。現在も、講演活動などで全米だけでなく世界各国をめぐる多忙な日々を送っている

    都竹 恵子
    1952年福島県いわき市生まれ。結婚後、現在まで愛知県春日井市在住。都竹学習塾塾長。佛教大学通信教育課程文学部英米学科2010年入学。現在4回生

  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-89295-921-9
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 終戦直後の朝鮮半島と日本で、日本人引き揚げ者が味わった壮絶な体験を赤裸々に綴る、息もつかせぬ、愛と涙のサバイバルストーリー。
目次
第1章 擁子の章(一)―深夜に突然の来客。それ以降、私たちの生活が一変した
第2章 擁子の章(二)―羅南駅への道のりも、いつも父を迎えに行くのとは違う気分だった
第3章 擁子の章(三)―赤十字列車を降り、本格的に母子三人の逃避行が始まった
第4章 淑世の章(一)―そのとき兄・淑世は羅南の弾薬工場にいた
第5章 擁子の章(四)―間一髪の危機を脱出し、再び母子三人で京城を目指す
第6章 淑世の章(二)―友人たちと別れ、兄・淑世は一人で京城へ向かっていた
第7章 擁子の章(五)―朝鮮半島を離れ、ようやく祖国・日本にたどり着く
第8章 母の章―母と離れ、女学校での生活はさらに不安なものとなった
第9章 好の章―姉の後悔。そして私たちは、新しい生活の拠点で再スタートを切った
第10章 擁子の章(六)―新年早々現実に直面。そんなとき、私は生活を一変させるきっかけに出会う
第11章 淑世の章(三)―吹雪の中で力尽きた兄・淑世。彼が求めた明かりの正体は

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:SO FAR FROM THE BAMBOO GROVE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記
  • 竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中