ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文学的自叙伝 文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

  • 文学的自叙伝 文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

文学的自叙伝 文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

  • サミュエル・テイラー・コウルリッジ/著 東京コウルリッジ研究会/訳 コウルリッジ,サミュエル・テイラー(Coleridge,Samuel Taylor)
    1772‐1834。イギリス・ロマン主義の詩人・思想家・哲学者。20歳代の作品など、幻想的・瞑想的な詩作で知られる。また当時の社会や政治の問題にも関心をもち、執筆・講演を行なった。30歳代以後は哲学と宗教への関心をいっそう深め、古代から同時代にいたる思想家の書物に広く学びながら、独自の思想体系を構築。シェイクスピア論その他の文芸批評に加え、哲学史の連続講演も行なう

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 994
  • ページ数
    711,45p
  • ISBN
    978-4-588-00994-5
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

9,000 (税込:9,720

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ロマン派を代表する詩人の主著にして、英文学史上における文芸批評の最高峰、初の完訳。詩と想像力をめぐる洞察にみちた精神史的告白。
目次
第1巻(本書執筆の動機
筆者の最初の詩集に対する反響
学校時代における鑑識眼の涵養
同時代の作家たちが若者の精神に及ぼす影響 ほか)
第2巻(『叙情民謡集』出版のきっかけ、および当初の目的
第二版序文
続いて起こった論争、その原因と激烈さ
詩作品および詩の哲学的定義と注釈 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Biographia Literaria.2 vols
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 文学的自叙伝 文学者としての我が人生と意見の伝記的素描
  • 文学的自叙伝 文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中